DIGITAL / CAD

デジタル技工/CAD設計

デジタル化のメリット

これまでの歯科技工は、患者様の歯の模型をもとに、全て手作業で差し歯や入れ歯などの歯科技工物を作ってきました。しかし、印象材の収縮や石膏の膨張で歯科技工物に誤差が生じやすいということが問題点でした。さらに、手作業だと時間がかかることもあり、歯科技工士の長時間労働も問題視されていました。
そこで当社では、デジタル技工を取り入れ、品質の安定化と業務の効率化を測っています。しかし、全てを機械任せにしているのではありません。細かい調整は手作業で丁寧に行い、患者様一人ひとりに合わせた歯科技工物を作成しています。

デジタル化のメリット

デジタル技巧

  • スキャン

    SCANスキャン

    印象材を使ってとられた患者様の歯形に石膏を流し込み、模型を製作。模型をスキャナを使って読み取り、デジタルデータ化します。

  • CAD設計

    CAD DESIGNCAD設計

    歯型のデジタルデータを元に、CADソフトウェアを使ってクラウン(被せ物)やデンチャー(入れ歯)などの歯科技工物を設計。

  • 制作

    PRODUCTION製作

    設計されたデータを元に、切削の作業を行います。削り出された技工物に、着色や艶出しの仕上げを手作業で行い、製品は完成です。